池間島総合観光情報サイト

沖縄の離島・池間島の情報を満載。観光、交通からショップまでお役立ち情報を紹介。
トップページ >観光情報
池間島の観光情報
展望台から見た池間大橋

池間大橋

1992年2月に開通した宮古本島と池間島を結ぶ全長1,425mの離島架橋。 両側に広がる青い海をつらぬいてまっすぐにのびる海の道は最高のドライブコース。 橋の上からは西平安名崎や大神島が一望でき、美しいブルーのグラデーションを見せる海を間近に見ることができる。

マサカダツ

マサカダツ

池間大橋のすぐ横にあるビーチ。 駐車場にある売店の横にビーチへ降りる階段がある。 半円形に海に突き出たビーチで池間大橋を下から見上げることができ、正面には青い海にぽっかり浮かぶピラミッド型の大神島が見える。

フナクス

フナクス

道路脇にあるブロックがビーチへの入口の目印になっていたため、通称「ブロック」とも呼ばれる。 池間島には周囲に小さな浜がたくさんあるが、その中でも特に人気があり、素晴らしい色をした海とサンゴ礁が心を癒してくれる。

カギンミ

カギンミ

ビーチへ降りる崖にロープが結わえ付けてあるため、通称「ロープ」とも呼ばれる。 池間島の北側に東西にのびる細長い美しいビーチ。 ビーチの東端を回り込んだところには地元の人がアウダウと呼ぶ、神秘的な青さのくぼみが見られる浜がある。

池間湿原

池間湿原

県内最大の湿原で、環境省選定の「日本の重要湿地500」のひとつにあげられている。 かつて海水が流入する内湾であったが、漁港工事に伴って湾口が閉ざされて淡水化した。 その後、水草が繁茂し秋から冬にかけてはカモ類やサギ類などの多くの渡り鳥たちの餌場や休憩地になっている。

イキズー

イキズー

ビーチの下に海底ケーブルが通っているため、通称「ケーブル」とも呼ばれる。 地元の人がたまに釣りなどをしているが一般にはあまり知られていないビーチなので、のんびりとプライベートビーチ気分を味わえる。

ミジュンマヒダ

ミジュンマヒダ

池間公民館裏手の静かな湾にあるビーチ。 集落から近いこともあって、子供たちが砂浜で遊んだり、岩場で釣りをしたり、防波堤の上ではおじぃやおばぁたちが世間話をしたりと島人の憩いの場になっている。